FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成28年熊本地震

被災された方々に置かれましてはお見舞い申し上げます。 私も当日は熊本におり被災しましたが、幸いなことに大きな損害なく一安心しております。

この出来事を忘れないよう、記憶が鮮明のうちに記事にしておこうと思います。

4月14日(木)21時ごろ最大震度7の地震熊本を襲いました。

いままでに感じたことない激しい揺れでしたが、ガスは止まったものの、電気、水道は生きてました。 すぐさま貴重品と非常防災グッズをリュックにつめて、いつでも逃げれる体制でテレビ速報を見ていました。 (あとで知ったのですが、ガスは震度5以上は火事にならないよう自動で止まる仕様のようです。) その後も継続的に大きな余震が続いたため、一度避難場所へ。思ったほど混雑はしていませんでした。 役場の方々だと思いますが、交通整理や誘導、毛布や食料を提供していただきました。 夜は寒く、大勢の避難してきた方々がいるなか眠ることできず、翌3時ごろ帰宅しました。

4月15日(金)
仮眠を取った後、会社に出社すると、職場の安全確認優先ということで、自宅待機指示を受けすぐに帰宅。 出社してきた同僚も幸いなことに大きな被害ないことが確認でき解散となりました。 また来週の月曜日には元気に出社できるだろうと思っていました。

このまま土日に差し掛かるので、熊本県外に実家がある方々は帰郷する人も多かったですが、 私は熊本に留まり、今回の地震で、水や非常食の必要性を感じ『補充』の意味であちこち買い物に行きました。大きな地震でしたが、お店も普通にやっていて、水は売り切れていたけど、食料品は十分にあるといった感じでした。 心配で連絡してきてくれた友人たちから、浴槽に水をため、ガソリンは満タンにしておいたほうがいい と助言してもらい実行。散らかってしまった部屋を少し片付け、大揺れしないことを願ってその日は速めに就寝しました。

4月16日(土)1時ごろ
2度目の大地震(本震)。ライフラインが断絶するほど大揺れでとてもじゃないけど立っていられなかった。 建屋の倒壊はなかったですが、ライフラインも死んでしまったこの状況で、このまま建屋内での生活は無理!と判断し この時から車中泊に切り替えました。前日の夜は寒くて寝れなかったので、余震が治まった合間に急いで家に戻りダウンと毛布を持ち込みパチンコ屋の広い駐車場に避難。行く途中、民家の瓦や壁が道端に散らばっていました。マンホール部分は隆起していて道が畝っていました。 車中でも大揺れするし、寝にくいし、この日もほとんど寝れませんでした。 外が明るくなってきて妙に安堵しました。暗闇は人を不安にさせるんだなと実感。

明るくなってきたので家に一度帰宅。まあ酷い散らかりようでした。 足場を確保して、トイレに行って、冷蔵庫の中の飲み物や食料を回収して、ブレーカ落として、 食料求めて出かけました。開店前の店にいくと長蛇の列ができており、多少備蓄はあったので あきらめてまた駐車場で待機。ライフラインが復旧するまでひたすら待つだけ。 この日の夜は大雨で、雨音であまり眠れなかった。長い1日でした。疲労もだいぶ溜まってきた。

4月17日(日)
明け方にライフラインが復旧し、風呂に入ることができました。めっちゃ気持ちよかった。 こんな現状なのにコンビニは再開してました。単純にすごいと思った。ただ、食料品は入荷されると ものの10分ほどで完売しました。取り合いです。

時間がたつと、同じ地域の方でも水が出なくなったことがわかり、さきほどお風呂にはいれたのも 運よく貯水タンクの水がまだ残っていただけのようでした。

本震により、会社もかなりダメージを受けたようで、自宅待機指示が継続。ライフラインは断水が続き、食料も入手困難の状況となったので、ここで実家に帰ることを決めました。そうすることで1人でも多くの人に食料が渡ってくれればいいなと思いました。

4月18日(月)~22日(金)
高速道は使えなくなってしまったので下道で帰郷。途中災害支援の自衛隊、遠路はるばる救急隊、消防隊とすれ違いました。本当にありがたいと思いました。実家は隣県なのですが、少々揺れる程度で日常でした。今回の地震が局所的だったことがうかがえました。実家では、水と食料、コンロなど不足と感じたものを買いに行ったり、 マイナンバー受け取ったり、地震保険に入ったりと、まあまあ忙しかったです。 その間、自分たちに何ができるのかを考えていました。そして地震の防災についていろいろ調べました。 このあたりは、次回備忘録として記事にします。

天気のいい間に熊本に戻ってきて数日経ち、現在、家でブログ更新しています。 まだまだ余震は続いており、気は抜けないなと感じています。早く日常を取り戻せるよう頑張っていきます。

--------------------------<広告>------------------------------------

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。